宝の市大祭がいつ頃から始まったのかは 明らかではありませんが、明治以前に既にこの祭りが行われ、氏子地域外からも多数の参拝者があったことが知られています。
永らく1月9日、10日の両日でしたが、大正の始め頃から これを1日延長しようとの意見が出ており、今日の如く9,10,11の3日間の祭礼としたのは大正4年(1915年)のことです。

今もこの3か日に新しい年の幸運・商売繁盛を神様に祈願される数多く人々が朝早くから夜遅くまで 福笹や熊手等を求め参拝されます。


境内には 夏祭りに町内を巡行する山車が皆様をお迎えし、それぞれの世話人の方々による祝い酒のふるまいが 夕刻より実施されます。
注:但し運転される方には ご辞退をお願いしています。(立て看板にても注意喚起)

太皷: 太皷倉庫の中で 太皷のみを展示しています。
地車: 地車倉庫の少し前方に地車を据え付け 囃子を奏でます。
    
19時以降は 随時お囃子の説明や彫り物の説明します。
鯛鉾: 正面鳥居の左側に 鯛鉾を据え付けています。
    
朱色・金箔の艶やかな鯛鉾をご鑑賞下さい
なお、神輿は公開しております

   宝の市大祭(十日えびす)
1月9日、10日
、11日
福笹授与風景 神札・みくじ等の授与風景
福笹授与風景 神札・みくじ授与風景(拝殿横)
保育園児の招待参拝風景 福娘代表の皆さん
保育所園児のご招待参拝風景 福娘代表の皆様(2009年)

宝の市神事
 1月9日  宵戎祭典  16時より
 1月10日 本戎 大祭 10時30分より
 1月11日 残り戎祭典 16時より